2018/01/12

When You Wish Upon A Star - 星に願いを

今日は昨年描いたイラストをご紹介します!
※今回も英文省略
(というか、G45のプロダクツ以外海外の方がアクセスすることはないと思われ。。。)

 三浦大知さんの歌う「星に願いを」をイメージしたイラストです。




「星に願いを(When You Wish Upon A Star)」は、ディズニー映画ピノキオの主題歌として作曲された超王道、超有名な曲ですね!

昨年の10月にリリースされた、ディズニーの名曲を日本のアーティストがカバーしたアルバム「Thank You Disney」。



その中でこの「星に願いを」を歌っているのが三浦大知さんです。



三浦大知さんは、歌って踊れて振り付けもやっちゃう、オールラウンドプレイヤーのアーティストです!
歌とダンスの才能を見出され子どもの頃から活躍されていましたが、一昨年満を持してテレビの人気音楽番組で長年積み重ねてきた実力を披露し、昨年は各テレビ局の音楽番組にひっぱりだこだったので、ご存知の方も多いのではないでしょうか!

私は7年くらい前にたまたまラジオで大知さんの声を耳にして以来秘かに応援してきたのですが、昨年はついに人生初のファンクラブにも入会しちゃいました!
今一番大好きなアーティストです!!



一推しアーティストがこれまた大好きなディズニーの名曲を歌う、というだけでも気持ちが盛り上がりましたが、さらにこのアルバム「Thank You Disney」のプロデューサーがケニー・オルテガさんと知って、もう、まさに歓喜しました!

ケニーさんは世界的にとても有名な方ですが、私が名前を知ったのは10年ほど前に放送された「ハイスクール・ミュージカル」というTV映画でした。





高校生が校内で歌って踊っちゃうという設定はその後人気を博したgleeも似ていますが、「ハイスクール・ミュージカル」は楽曲が全てオリジナルで、曲の持つ魅力も人気に火がついた要因です。
同じように楽曲の素晴らしさから爆発的ブームとなった「アナと雪の女王」にも通じるところがあるのですよね。
私は当時サントラを買ってしまうほどハマりました!!

ケニー・オルテガさんはこの「ハイスクール・ミュージカル」を監督し、ダンスの振り付けも担当されていました。それまでもすでに80年代からエンターテイメントの一線で振付師・演出家・監督として活躍してきた多才な方なのです。

その後、マイケル・ジャクソンの幻のライブ「THIS IS IT」のプロデューサーを任され、マイケルの急逝によりライブが中止になるまでのドキュメンタリー映画の監督も務められました。


実はこの映画が発表された時、マイケルの死後すぐの公開だったこともあって商業的な感じがして嫌だったのですが、ケニー・オルテガさんが監督だと知って映画館に観に行きました。
単なるお涙頂戴マイケル最高!な映画ではなく、
伴奏やステージの演出に対して感覚的な表現でリクエストして周囲を困惑させる一面などもきちんと収められています。ひとりの希有な天才だけではなく、たくさんの才能が結集し、高い目標に向かっていた様子に結局最後は泣いてしまうという、とても良い作品でした!





三浦大知さんとケニー・オルテガさん。

このお二人が一緒にひとつの曲に携わるなんて思いもよりませんでした。
でも、年齢は親子以上に離れているお二人ですが、音楽やダンスに対する造詣の深さ、メンバーやスタッフと調和しながらひとつのものを作り上げていくスタイルなど、とても似たものを持ち合わせているように感じます。


三浦大知さんは、将来的に海外進出も視野に入れているようですし、それを後押しする周囲の声も今とても高まっています。
このタイミングでこの素晴らしい出会い、興奮せずにはいられませんでした!!









この「星に願いを」のリリースが発表されて、私の頭の中にはピノキオと大知さんが一緒に星空の中で踊っている姿がほぼイメージできていました。
あとは形にするだけ。。。

そこで参考にしたのが、フレッド・アステアさんのこの写真です。
実の息子さんと踊るフレッド・アステアさん
かわいい…




















フレッド・アステアさんは、ミュージカル映画全盛期に俳優、ダンサー、歌手として活躍した”元祖エンターテイナー”です。

昔のミュージカル映画って歌とダンスのパートが長くて単調というか、あまりじっくり観ていられない私なので全く詳しくないのですが、1957年にオードリー・ヘプバーンと共演した「パリの恋人」という映画は、オードリーの魅力と次々と替わる美しいファッションも見所のロマンチックな作品で、大好きな映画のひとつです。



お気づきかと思いますが、このフレッド・アステアさんも歌やダンスで人々を魅了したアーティスト。
私はフレッド・アステアさんと三浦大知さんにも、柔らかい身のこなし、努力の積み重ねで打ち立てられた技術、優しい笑顔、そしてそこはかとなく感じられる品の良さなど、共通点がたくさんあるなぁと思うのです。




と、こんな感じで私の大好きなものを詰め込んでできあがったこのイラスト、Twitterにアップしたところ、大知さんのファンのみなさんに大変ご好評いただきまして、年末には欲しいと言ってくださった方々にポストカードにしてお渡しすることもできました!
グリッターグルーでキラキラもつけました



















昨年はオリジナルの創作に行き詰まり、悶々としていた時もあったのですが、行きつけのヘアサロンさんの10周年記念のカードとこのイラストで、たくさんの方からとても嬉しい感想をいただき、かなり気分を盛り返しました(ゲンキン)。


世の中難しいもので、一生懸命やっても受け止める側によっては響かないこともたくさんありますよね。
でも一生懸命やっていればちゃんと受け止めてくれて、心から喜んでくれる人も必ずいます。

受け止めてくれた人に感謝して、その時の嬉しさを糧にしながら進んで行くことが大切だな、と改めて感じました。

この気づきを胸に、今年は色々と作っていきます!!



余談ですが、12月26日には三浦大知さんのライブに行ってきました。
2017年のライブツアーの締めくくりの日。
大知さんや大知さんを支えるクルーのみなさんの繰り広げるエンターテイメントがたくさん盛り込まれた、とても素晴らしいライブでした!

会場には大知さんへのプレゼントボックスが設置してあったので、このイラストにメッセージを添えて投函して来ました!

生まれて初めて好きなアーティストにプレゼントを渡しました笑。